MonoTouch

A collection of 2 posts

c#

MonoTouchでHelloWorld!! (InterfaceBuilderを使わないVer.)

今回はInterface Builderを使わずにHelloworldをやってみる。 Interface Builder有りのHelloWorldは前回参照のこと。 ソリューション名:Helloworld2_Sol プロジェクト名:Helloworld2 新しいプロジェクトが生成された構成。 InterfaceBuilderは使わないので、最初にMainWindow.xibを削除します。 この状態からとりあえずプロジェクト生成時の状態まで復元しましょう。 まずAppdeligateとの関連付けが切れたためUIApplication.Main関数でAppDelegateクラス名を関数の引数として渡します。 static void Main (string[] args) { UIApplication.Main( args, null, "AppDelegate" ); } 次にAppdelegateはpartialでは無くなったため、AppDelegateクラスのpartial宣言を削除。 これは元々MainWindow.xib.designer.csでpartial定義されていたためこのような記述になっていました。 そして、appdelegateクラスの定義の先頭に[Register("AppDelegate")を宣言しましょう。 次に削除したwindowコントロールの生成を行います。 Appdelegateクラスのメンバー変数としてUIWindowを宣言し、 FinishedLaunching関数内でコントロースの生成します。

  • kamiyam
    kamiyam
c#

MonoTouchでHelloWorld!!

MonoTouchを使ってC#でHelloWorldをやってみましょう。 MonoDevelopを起動して、ソリューションの作成。 ファイル→新規→ソリューションを選択すると、ソリューション作成ダイアログが表示されます。 ソリューション名:Helloworld_Sol プロジェクト名:Helloworld まぁ、このあたりは任意で指定してください。 次に『プロジェクトの機能』を聞かれますが、そのまま何も選択せずOK。 すると新しいプロジェクトが生成される。 構成はこんな感じ。 □Main.cs Applicationクラスにはmain関数がある。 今回、実行処理はAppdelegateクラスのFinishedLaunching関数内に記述します。 □MainWindow.xib これはアプリのGUI定義ファイルです。 MainWindow.xib をダブルクリックするとInterface BuilderというGUI設計ツールが起動します。 Interface Builder上でラベルとボタンを配置する。 Library(画面左)からラベルとボタンをドラッグしてWindow(画面中央上)に配置。 各コントロールのプロパティは画面右(名称が分からない)の項目で定義する。 ラベルとボタンのTextに適当な文字を入力。

  • kamiyam
    kamiyam