勉強会とか

A collection of 31 posts

勉強会とか

プログラマー向けデザイン勉強会を開催しました

9/21(土)にプログラマー向けデザイン勉強会を開催しました。 「プログラマー向けデザイン勉強会」 http://connpass.com/event/3086/ 開催内容 8月にデザイナー向けプログラミング勉強会(DmP)を開催しましたが、今回はその逆バージョンです。 PmDは座学形式で開催するということもあり最終的に60人弱に参加頂きました。 もともと東京で @satococoa さんが主催されている P4D というイベントがあるのですが、この勉強会はそこで行われた P4Dを パク・・・参考にさせて頂き開催しました。 私が第二回の D4P (プログラマ向けデザイン勉強会) に参加した経緯もあり、それを大阪でやってみたいというということから実現しました。 開催に伴い P4Dの @ken_c_lo さんにセッションを持ってもらうことになったのですが、それをきっかけにP4Dの他のメンバーが数人大阪まで遠征してくれることになり、@machida さんにも話して頂くなど普段あまり関西で見ることの無いセッションの内容となりました。 また、こちら(PmD)側の主催メンバーである @yokotak0527

  • kamiyam
    kamiyam
勉強会とか

プログラマー向けデザイン勉強会を開催します #pmd01

9/21(土) に プログラマー向けデザイン勉強会(PmD)を開催します。 PmD? PmDは、Programmer meets Design の略です。 プログラマーがデザインを勉強したり、気軽に自サービスのデザインについて相談したりする会を目指しています。 今回は、デザイナー視点の話をセミナー形式で聞く会にしようと思っています。 プログラマー向けデザイン勉強会 http://connpass.com/event/3086/ DmP? 先日、デザイナー向けプログラム勉強会(DmP)を開催しました。 こちらはプログラムを勉強したい人向けにワークショップ形式で行ないました。 第1回目は 外部サイトのRSSをJavaScriptで取得してサイトに表示してみようという内容でした。 勉強会の開催情報等はFacebookページなどで随時更新していきます。 DmP Facebook ページ https://www.facebook.com/dmposaka 次回以降、色々なパターンで開催していこうと思っていますので、こちらもよろしくお願いします。

  • kamiyam
    kamiyam
勉強会とか

第14回 リクリセミナー 「Web制作の未来、あなたの未来」でLTをしてきました

7/27 第14回 リクリセミナー 「Web制作の未来、あなたの未来」でLTをしてきました。 こもりさんのメインセッションから始まり、色々な立ち位置で仕事をしている6名のLTということで参加者としても非常に楽しみな内容でした。 こもりさんのお話ですが、Web制作の未来ということでデザイン寄りな内容に終始するかと思いきや、それだけにはとどまらずフロントサイドの開発手法・ツールの紹介など150分めいっぱいいろんな話を聞くことが出来ました。 他の5名のLTも非常に面白い内容でした。 私はプログラマとしての立場でLTをする予定だったのですが、もう話す内容が無いんじゃないかと思うくらいでした(笑) もはや与えられた8分というLTの時間すべてをメインセッションで紹介されたツールのデモで実演する方が良いかと思ったりもしたのですが、いやいやここは笑いを取らなければ・・・と(違)、きっちり (少しオーバーして? ) 話をして来ました。 スライドとLTで話す内容がリンクしないと、解釈が色々できるスライドなのですが紹介したいと思います。 知っているつもりで実は知らない 拾う技術捨てる技術 from kamiyam . (実は登壇側から見て奥行きのある部屋を想定していたので、いままでのものと比べて字が非常に大きいです。。。) フロントサイドの開発においてGruntなどのツールを利用してSass、CoffeeScriptをコンパイルしてFTPなどで自動デプロイするその方式は、Javaなどで利用されるMavenなどと同じように、プログラマのワークフローに似通って来ています。 それ故に便利なツールを有効に利用して開発を効率良く進めることが非常に大事なのではないかと考えています。 また、使えないことで開発に関われないという事案が必ずしも無いわけではありません。 便利なツールはぜひ使わないともったいないし、今のプログラマにおけるGitの存在のようなものがいずれ出てくるのではないかと思います。 ですので、根を詰めない程度に楽に開発出来る環境づくりが大事ですし、一度は気になる技術を使ってみようというお話をさせて頂きました。

  • kamiyam
    kamiyam
Node.js

Node.js勉強会 in 大阪 を開催しました

5/25 に (第二回)Node.js超初心者勉強会と、通常版の(第一回) Node.js勉強会を開催しました。 Node.js 超初心者勉強会 in 大阪 http://atnd.org/events/39286 Node.js 勉強会 in 大阪 http://atnd.org/events/39288 午前の超初心者向けのセッションもあったので、準備でいっぱいいっぱいでしたがなんとか無事開催することができてよかったです。 午前のセッション 本当に超初心者向けのセッションということで、インストールセッションを行ないました。 Node.jsを使う人が増えるといいなということと、使う人が増えてむしろ教えて貰いたい(?)ということで開催しています。 詳しい説明ではありませんが、Github にまとめていくことにしています。 Node.js超初心者勉強会

  • kamiyam
    kamiyam
勉強会とか

スーパーハッカソン2013に参加しました

5/11 大阪グランフロント内の イノベーションハブ で行われた スーパーハッカソン2013 に参加しました。 参加しましたというか、5/18まで参加していました。 スーパーハッカソン 2013 http://super-hackathon.net/2013/ 行き場を無くした動物たちの問題を解決する1画面のサービス「pitto」 今回のスーパーハッカソンで完成したみなさんの作品の一覧は、非常に良いまとめ記事があることもあり、この記事ではその一週間の参戦記ということでまとめてみました。 ハッカソンとはなんぞ? ハッカソンという言葉を説明すると、 ある決められた一定期間の間、個人・あるいはチームを組み、プロダクトを完成させるというもの。 ハッカソンを行う期間は1大体日〜3日という場合が多いのですが、スーパーハッカソンでは前回同様一週間という形式になっています。 (内々ではスッパソンと呼ばれていました) チーム制とパーティ このハッカソンでは、チーム参加が必須となっていてそのチームも最大5人までというルールとなっています。 1人で参加しても必ず誰かとチームを組む必要があります。 当日までのチームの組み方としては、ドラクエのパーティととある酒場的なものをイメージすると伝わるかと。 しかし、前回同様、開会日よりも前に仲間を見つける会があったのですが、参加者が本当に少なかった。(私も含め5人しかいなかった) 前回は仲間を探す会では20人前後はいたように思ったのですが、今回はしっかりチームを組んでからの参加を決めるというパターンが多かったようですね。

  • kamiyam
    kamiyam
勉強会とか

PHPカンファレンス関西2013にNode.js界隈の人として出演します

6/1(土)に大阪で PHPカンファレンス関西2013 が開催されます。 その会場 Aにて「多言語パネルディスカッション」(13:20〜14:20)というセッションがあるのですが、そこでNode.jsの人として出演することになりました。 セッションプログラム http://conference.kphpug.jp/2013/program/ 難しいながらも Node.js を続けてきて、声を掛けていただけるのは非常にありがたいことですし、嬉しい限りです。 PHPカンファレンスは普段PHPで開発しない私がなぜか毎年LTをしたり、遠方から来られるPHPに関わる方々と久しぶりに会えるイベントなので非常に楽しみにしています。 まだ募集は開始していませんが、興味がある方はぜひ参加してみてください。 200人規模のイベントは最近参加していないので緊張しそうですね。。。 (2013.5.1追記) 参加登録が始まったようです。 http://conference.kphpug.jp/2013/information/

  • kamiyam
    kamiyam
Node.js

Node.js 超初心者勉強会を開催しました

3/8 Node.js を使って開発をしたことが無い、あるいは触ってみたいという方を対象に勉強会を開催しました。 Node.js 超初心者勉強会 in 大阪 http://atnd.org/events/37147 私は大阪Node学園(モード学園ではない)という Node.js の勉強会の運営スタッフをしているのですが、今回はそのNode学園とは別枠で開催する事となりました。 Node.jsは「インストール」するまでの敷居が高くてなかなか使うに至らない場合が多く、普段は別の言語を使っているプログラマ / サーバーサイドの処理を知る一歩としてNode.jsを触ってみたいデザイナー を対象にしようというのが今回の勉強会の趣旨でした。 また、ワークショップの性質上あまり多くの方を見ることはできないので 「npm install」 などのコマンドを知っている方はなるべく参加しないで欲しい(サポート役として参加なら可)としてみました。 当日のツイートは Togetter にもまとめて頂いています。 平日、しかも金曜日の19時〜というスケジュールにもかかわらずキャンセル待ちが出る状態で、

  • kamiyam
    kamiyam
eclipse

「第二回 JetBrainsユーザーグループ in 大阪」 で WebStormについて発表してきました

1/30 「第二回 JetBrainsユーザーグループ in 大阪」 で WebStormについて発表してきました WebStormでできること from kamiyam . WebStorm (とそれを含むIntelliJ IDEA)は HTML,CSS,JavaScriptのコード書くのに非常にいいよね。という内容です。 特にJavaScriptに対してが非常によく、私はNode.jsでサービス作るときにWebStormを使っています。 5分LTということであまり多くは伝えられなかったのですが、まぁ細かい所はまた別の機会に。 ともあれ、@yusuke さん、@aa7thさん、参加者の皆さんありがとうございました。 全体の流れは #jbugj で追ってみてください。 以下、フォローアップということで css/Sass/LESSの色設定 #xxxxxx と言ったRGBカラーが左端にそのまま表示されるので非常に便利で、なおかつSass・LESSで変数設定した色もちゃんと追従してくれるので非常にありがたい。 $color変数の色を変更 他の$color変数の色も変わる

  • kamiyam
    kamiyam
勉強会とか

2012 発表振り返りと 2013 新たな世界へ

年が明けてしまいました。おめでとうございます。 昨年もいろんな方にお声掛けを頂き充実した一年でした。 (若干遊びすぎた感もありますが・・・) まずは去年各勉強会で発表させていただいた資料など。 2012 勉強会スライド 大阪Node学園 1時限目 Socket.IOとリアルタイムなナニか 大阪Node学園 3時限目 Socket.IOハンズオン プレゼン勉強会 勉強会での発表がきっかけでこんなにもモテ男になった俺 知っておいて欲しい開発知識・開発ツール」懇親会LT モノとモノとをつなぐ 3つの「れんけい」 「パンダの会」その七 JavaScriptを使って気軽にゲームを作ってみよう ハッカソン脳を鍛える勉強会 とあるWEBエンジニアが スーパーハッカソンで知り得たこと 大阪Node学園 4時限目 WEBアプリケーションビルド/テスト・ツール YEOMAN HighTechOsaka WEBアプリケーションビルド・テストツール YEOMAN 自分が思っていた以上に多方面で発表させていただきました。 「引っ込み思案な目立ちたがり屋」と自負していますので、こういった機会がないと前に立つといったことがありません。 発表前日などは「

  • kamiyam
    kamiyam
勉強会とか

スーパーハッカソン2012に参加しました

9/8に行われた スーパーハッカソン2012 に参加しました。 ハッカソン(英語: hackathon、別名:hack day,hackfest,codefest)とはソフトウェア開発分野のプログラマやグラフィックデザイナー、ユーザインタフェース設計者、プロジェクトマネージャらが集中的に共同作業をするソフトウェア関連プロジェクトのイベントである。 ハッカソン - Wikipedia 珍しくWikipediaを引用してもなんのことかさっぱりですね。 ざっくり書くと ハッカソンとは ある期間内にアプリ・サービスを企画し、実装・発表(プレゼン)をするイベントのこと ハッカソン自体は通常、週末の土日を使って行われる場合が多いです。 今回は次のスケジュールで開催されました。 8/25 仲間を探す会 1 8/31 仲間を探す会 2 9/1 アイデアソン 9/8 プレゼン

  • kamiyam
    kamiyam
勉強会とか

開発合宿関西4に参加しました

@msng さん主催の開発合宿関西に参加してきました。 今回早くも4回目です。 ブログにレポートとしてアップしていませんが、今まで第二回、第三回と来て第四回の今回も参加させて頂きました。 過去二回は金〜日の日程の内、最後の2日間(土 / 日)だけの参加だったのですが、今回はフルに3日間(金〜日)の参加です。 場所は第一回から変わらず「アクティプラザ琵琶」です。 この施設、無線LANは完備してるし、お茶は一日不自由しないですし、ご飯もだいたい所定の時間になったらフラッと食べに行けるし、量も沢山で美味しいし、と とても開発に集中出来る環境なわけです。 さらにここは基本的に陸の孤島。応用的にも陸の孤島。 途中抜けだして遊びに行くことすら出来ないので、がっつり集中出来るわけです。 開発合宿のスタイル ここでの開発合宿は個々が作りたいサービスやら普段出来ない仕事なんかをもくもくと作業するというイメージです。 なので、隣の人がどんなことをしているかわからないこともしばしば。 最終日に成果を発表する時間があるのですが、これも「そろそろ発表するか~」みたいなスタンスで、最後までまわりが何をしていたかようやくその話を聞いて詳細が分かったり、分からなかったり。 今回のお題 肝心の私の今回のテーマはAndroid。 今更という感じもありましょうがやってみました。 今回使ったのはJava、

  • kamiyam
    kamiyam
勉強会とか

「勉強会での発表がきっかけでこんなにモテ男になった俺」というタイトルで発表してきました #prezben

開催からだいぶ日にちが経ってしまいましたが、5/8「プレゼン勉強会」で発表してきました。 今回、主催の@msng さんにお声掛け頂きました。 きっかけは、@msng さん主催のイベントで私が初めて発表してから堰を切ったようにいろんな勉強会で発表することになった。 という経緯があったからです。 タイトル 「勉強会での発表がきっかけでこんなにモテ男になった俺」 はい。 このタイトルに決めたのは 私ではなく@msngさんですが、決してネタというわけでもなく、むしろ本当(?)のことなのでそのままのタイトルでスライドを作りました。 私が今回の発表で伝えたかったことは 発表して得をすることはあっても損をすることはない。 ただこれだけです。 発表は恥ずかしかったり、難しいと思うかも知れませんが、それよりも得られることの方がはるかに大きいです。 例えば、みんなが知っているであろう技術の話でも、それを説明するために纏めたりすることは、よりその技術の事を知らないといけないので深く理解することになったりもします。 是非発表してみましょう。 ちなみに今回のスライドは、スライドと喋る内容とでコンテンツとなるものだと思うので、公開はしていません。 わざわざ連休明けの平日に来られた人だけ限定と言うことでここはひとつ。 参加された方のレポートがとても良くまとめらてていて、話したいことは伝わったかなぁと思っています。 参加レポート プレゼンを台無しにしないために気をつけたい3つのことがら #prezben | 想造ノート

  • kamiyam
    kamiyam
勉強会とか

HTML5 & JavaScript Hackathon in fukui に参加してきました

2/25 と 3/4 に福井で行われたハッカソンに参加しました。 最初は冗談半分に「行かなーっ!」って言ってたのですが、なぜか本当にしかも前日から福井入りしておりました。 顔合わせ 初日の 2/25 はアイデアソンということで、何チームかに分かれテーマを元にアイデアを考えていきました。 その日のうちに翌週のハッカソンに作るサービスと各個人の役割分担を決めその日は解散(昼12時!)ということなのですが、会場は17時まで使わせてもらえるということで、各チームともギリギリまで作業に没頭していました。 私の参加したチームは「ソーシャル」の枠で、ソーシャルネットワークを使ったCSS3やJavaScriptで動きのあるアルバムサービスをつくろうことで案を出しあい、各々の持ち場を決めるところまでだったと思います。 チーム名 おそーしゃるん サービス名 アルバム動くん♪ 情報の共有 それぞれが遠方で実際にやり取りが難しいので、Facebookのグループで情報の共有、DropBoxを使ってファイルのやりとりを行いました。 ハッカソンまでの一週間でそれぞれがサービスを実装していきました。 (がっつり作業したのはハッカソン当日、そして前日の夜中だったりしますが・・・ 一週間の内、何度かDropBoxへのアップロード通知が届いて進捗度合いが分かりやすくてよかったです。 何も作業できない状態だった私はひたすら焦ることとなりましたが、ちゃんとgitのcommit役として活躍できたと思います。 ハッカソン名物 前日にデザインとコードがある程度出来た状態で、ハッカソン当日である

  • kamiyam
    kamiyam
勉強会とか

勉強会で発表したスライドを通して今年一年を振り返ってみる

今年一年、いろんな縁があって様々な勉強会に参加させて頂きました! 今回は発表したイベントを振り返りつつ、その資料を紹介したいと思います。 発表したスライド 第2回関西アンカンファレンス 発表スライド やさしいjQueryの使い方jQueryプラグインの作り方 用意された発表枠が当日に埋まっていくという、参加者が発表者にもなりうるアンカンファレンス。 準備したスライドが長かったので2回に分けて発表しました。 当日のセッションでの角南さん(@shokuto)の発表が素晴らしかった! 発表 » 「伝わるプレゼン」のつくりかたのヒントフォローアップ » 関西アンカンファレンス #2 で発表しました 大阪てら子 37 「ActionScripterのためのJavaScript入門講座」 発表スライド やさしいjQueryの使い方 はい、タイトルからもわかるとおりスライド自体は 第2回関西アンカンファレンスの 使い回し 既存リソースの有効活用 実はこの発表自体が振りで、実際にはWebSocketで 発表スライドを同期させるという仕組みを説明するために使いました。 その他、Flash側からJavaScriptの関数を呼ぶ ExternalInterface を使ったWebSocketリアルタイムチャットのデモも行いました。 ( Chromeあたりを3枚ぐらい起動してみてください ) Web制作者、開発者の為のFacebook勉強会 発表スライド FacebookとWebサービスの連携について調べてみた

  • kamiyam
    kamiyam
勉強会とか

CSS Nite in OSAKA, Vol.27に参加して思ったこと

先日、「CSS Nite in OSAKA, Vol.27」に参加しました。 阪急オフィスタワー の30階 (!)が会場でした。 今回の勉強会はグループワークが目的 オープニングトークで、主催者のお一人秋葉さん (@Hidetaro7) から プログラマ向けにハッカソンといったイベントはあるのに、デザイナ向けのそれに当たるものが少ない。 というお話がありました。 確かにデザイナ向けのハッカソンってあまり聞かないですし、プログラマ向けのハッカソンにはなかなか参加しづらい。 ということで、今回は敢えて参加人数を減らしグループワークを目的とした勉強会を開催したとのこと。 秋葉さんのそういった試みなどは、私が色々書き連ねるよりも、ご本人のブログを見て頂いた方が良いかと思います。 デザイナー主体のハッカソンをはじめました http://akibahideki.com/blog/cat5/post-22.html イベントにおけるグループワークの着地点 レポートとしてあがっていた、角南さんのブログを見て なるほど、グループワークの成果というのはやはり個人個人で違うんだなと思いました。 (記事の趣旨はグループワークの成果のお話ではないですが) インターフェースのデザインの前に http://withcomputer.jp/

  • kamiyam
    kamiyam
Node.js

Twitterで見知らぬ人からリプライが飛んできてNode.js勉強会で発表した話

ある日、TwitterでURLだけ書かれたリプライが飛んできました。 リプライを送ってきたのは @vanx2 さん。 全く面識が無く「???」と思いつつ開くと Node.js勉強会@関西 第0回 http://atnd.org/events/21762 ふむ、Node.jsの勉強会だったんですね。 もちろん興味があったので参加をすることにしましたが、発表するのはちょっとハードルが高いかな・・・と思っていました。 そんな中、TwitterのタイムラインでこんなTweetが 勉強会の発表とかは発表してから後悔すればいいんです (Via) @repeatedly うん、そうですよね。せっかくなので発表しよう! そんなこんなで、発表を決めました。 ( 今だから書きますが、実は発表が決まってからNode.jsをインストールしなおしました(笑) 私は、発表用のスライドをWebSocketで同期させる仕組みを作っていて、それを開発用サーバのJetty( Javaで書かれたWebアプリケーションサーバ )にアップしていました。 そのあたりのURL(というかポート番号)をもう少しすっきりさせようと、

  • kamiyam
    kamiyam
勉強会とか

CSSNite LP18 「その先にあるjQuery」 参加レポート

9/17 東京で行われたCSSNite LP18 「その先にあるjQuery」 に参加してきました。 今回のCSSNiteはダブルヘッダーで、前半はLP17が行われました。 CSSNite LP18 http://lp18.cssnite.jp/ Togetter - CSS Nite LP18「その先にあるjQuery」 http://togetter.com/li/189149 実はいままで仕事では全く使っていないjQuery。その先の・・・というタイトルが付いている通り、jQueryをこれからも使っていく上で重要なパフォーマンス改善 / 新機能を知ることができる大変貴重なセミナーとなりました。 普段jQueryを使っていて、深く掘り下げて調べる機会がなかったのですが、全く知らない使い方が紹介されていて非常に面白い内容でした。 jQuery高速化 西畑 一馬 (@KazumaNishihata) さんのセッションはjQueryの高速化についてでした。 何も考えずにjQueryを使っているだけでは (特にモバイルデバイスなどに非力な環境では)、パフォーマンスが非常に悪くなる。 JQueryのマジックボックスにDOMを入れて操作するには、なるべくコンパクトにまとめた形にして、蓋を開けたり閉めたリする回数はなるべく少なくしましょう。

  • kamiyam
    kamiyam
勉強会とか

CSSNite LP17 「HTML5による電子書籍」 参加レポート

9/17 東京で行われた CSSNiteLP17 「HTML5による電子書籍」 に参加してきました。 講演の内容、とそのレスポンスについては、このあたりを参照してもらった方が充実しているかもしれません。 CSSNite LP17 http://lp17.cssnite.jp/ Togetter - CSS Nite LP17「HTML5による電子書籍」 http://togetter.com/li/189119 以下、私が参加した感想を書いてみたいと思います。 HTML5による電子書籍 "電子書籍"が題名に含まれているのですが、電子書籍という範囲だけで括ってしまうのは非常にもったいないくらいの内容でした。 電子書籍のコンテンツを提供するフォーマットは色々ありますが、その一つにePubというものがあり、特にePub3.0 ではHTML5でも記述できるという点が挙がっていました。 仕様上、HTML5を使えるということで、「まだ先の技術だから・・・」と敬遠していた色々な表現が紹介されていて非常におもしろかったです。 また、HTML5では文書のアウトラインを強く意識することになるので、電子書籍との相性も良い点が挙がっていました。

  • kamiyam
    kamiyam
JAVA

『WebSocket勉強会』で発表してきました

かの地東京で、以前から気になっていたWebSocket勉強会が開催されるという話を聞き、参加を考えていた所、発表者も募集されており、せっかくならと発表させていただきました。 初めてUSTREAMで発表している姿が配信されていたので、どうなる事かと思いましたが、特に意識せず話せたのではないかと思っています。 ただ、発表直前にスライドの内容を修正したのですが、デモで行ったアンケートの質問内容と回答の項目がおかしくなっていました。 慌てて修正するもんじゃないですね。 WebSocket Communication http://nantokaworks.com/demo/slide/20110528/ 今回、Webアプリケーションに携わる方の参加が思いのほか少なかったというのが一番の印象でした。 他の講師の方々が発表された内容はUSTREAMで閲覧できます。 WebSocketのプロトコル仕様から入力デバイスを利用したアプリケーション実例まで、非常に多種多様な内容の勉強会だったなと思いました。 WebSocket研究会110528 http://ustre.am/zbTo 当日#websocket_studyで上がっていたツイートへのフォローをいくつか。。。 GoogleAppEngineとWebSocket Jetty自体がJava用のWebSocketサーバというわけではなく、Websocketに対応しているのはJetty7からです。 GAEでは各言語(Java / Python)に対してサーバ一択で、(現在の所)WebSocketに対応していないJettyを採用しているGoogleAppEngineではWebSocketは使えません。 代わりにWebSocket(というかリアルタイム処理)

  • kamiyam
    kamiyam
PHP

PHPカンファレンス関西に参加して気になったキーワードとか

4/2(土) PHPカンファレンス関西に参加しました。 仕事でPHPは使わないのですが、テーマが 「クラウド」「ソーシャルアプリ」「スマートフォン」時代のPHP ということだったんで参加してきました。 「PHP」カンファレンスなのに、見事にPHP成分の少ない内容となっていました。。。 (それはそれで個人的には良かったのですが(笑)) 今回の気になるワード Amazon EC2などで知られる「Amazon Web Services(AWS)」 落ち着いてきた感のある「PHP Framework」 どの言語の勉強会へ行っても必ず出てくる「JavaScript」 Amazon Web Services(AWS) 個人的にJavaで開発しているということもあって「GoogleAppEngine」を使っていますが、やはりAWSも気になる所。 無料お試し枠もあるようなので使ってみようと思いました。 PHP Framework PHPで開発したことが無いのでもしかしたらまだまだ新しいフレームワークが出ているのかもしれませんが、割とみなさんが使うフレームワークは落ち着いてきたのかなーという感じでした。 Javascript 去年・今年と勉強会に参加してきて、

  • kamiyam
    kamiyam
勉強会とか

Facebook勉強会でGraph APIとFQLについて発表しました

3/5 兵庫県立大学神戸キャンパスで行われた 「Web制作者、開発者の為のFacebook勉強会」 に参加しました。 また、今回Lebe Inc.の藤井さんにお声掛け頂き発表させて頂きました。 勉強会タイムテーブル Facebookについて制作者,開発者視点でLT Facebook 基礎編 Facebook アプリ開発編 ソーシャルゲーム CityVille編 ワークショップ Facebook提案を考える Facebookについて制作者,開発者視点でLT なんかLTも豪華なメンバーだったんです。 肩パッドさん(@katapad) ひろきさん(@hiloki) シナチクさん(@_sakotsu) 須川さん(@sugawa) 小山さん(@coyummy) Facebookについて、いろんなお話を聞くことができました。 特にFacebookの今後については、やはりみなさんだいたい同じ印象をお持ちなんだなと再認識しました。 Facebook 基礎編 - 発表:藤井さん -

  • kamiyam
    kamiyam
勉強会とか

『第2回関西アンカンファレンス』で発表してきました

1/8 兵庫県立大学神戸キャンパスで行われた第2回関西アンカンファレンスに参加/発表しました。 最近、勉強会などで発表することが続いてますが、『発表してみたい』と思ったきっかけは第1回のアンカンファレンスでした。 アンカンファレンスとは開催日当日に発表枠を埋めて行くスタイルの勉強会ですね。 なので、発表初めて&初心者にはもってこいだったりします。 (ただ、今回会場が豪華過ぎてちょっと敷居が高かったかもしれない。) アンカンファレンスの雰囲気はこのあたりを見てもらえばいいかもしれません。 アンカンファレンスをやろう! 北陸アンカンファレンス開催報告・振り返り 北陸アンカンファレンス 2009 を終えて関西アンカンファレンスをやってみての感想まとめ関西アンカンファレンスを開催しました&運営してわかったこと アンカンファレンスに参加してだんだん埋まっていく発表枠を見ていると 『あ、俺発表してみようかな』 と、うずうずしてくるんですよね。 今回、少しでもそんな風に思ったなら是非発表してみましょう。 緊張の中発表した後の『やり切った感』はなかなか体験出来るものではないですし、多分それ以降の勉強会にも活きてきますので。 @shin1x1さんが自身主催の勉強会でもお話されていましたが、 『あなたの当たり前だと思っている(技術の)話が聞きたいんです。』 ほんと、そのとおりだと思います。 第2回関西アンカンファレンス セッション一覧 - backyard

  • kamiyam
    kamiyam
勉強会とか

『リクリ忘年会 with リクリチャット3rd』で発表しました

12/18 リクリ忘年会 with リクリチャット3rd に参加しました。 リクリ(Re:Creator's Kansai)のイベントに参加したこと無いのに忘年会に行くという、ただ飲みたい人としていきました。 あ、でもちゃんとLTで発表してきました。 タイトルは『HTML5.jsの中身を見てみよう』です。 当日プロジェクターのうつりがいまいちという、発表初心者にはなかなかハードルが高いシチュエーションでしたが、まぁなんとか出来たかなと思います。 だいぶ駆け足で発表したので、スライドは公開しておきます(追記あり) HTML5.jsの中身を見てみよう スライド (※Chromeかsafari推奨) 今年は勉強会などに参加させて頂いて、いろいろなお話を聞いて仕事に活かすことが出来ました。 来年は、出来る範囲で発表していきたいと思います。 幹事のみなさん、おつかれさまでした。 参加者のみなさん、ありがとうございました。 感謝です!

  • kamiyam
    kamiyam
勉強会とか

Web界隈の勉強会 『俺の話を聞け!』 に参加しました

12/11 『俺の話を聞け!』 に参加しました。 俺の話を聞け?なにそれ? 最初はmsngさんがFaceBookで忘年会イベント的な話として色々進めていたのですが、『これだけの人数が集まるなら』ということで1部:勉強会 / 2部:忘年会と相成りました。 正式(?)には "ウェブまわりでいま気になっていることを発表する会『俺の話を聞け!』" です。 内容 Web業界での気になる出来事についての勉強会で、発表は一枠15分です。 非常に幅広くゆるいスタイル、でもとても面白い話がたくさん聞けました。 13:00~18:00と勉強会にしては長時間でしたが、あっという間でした。 発表時間が一枠15分と少なめなので、初めて発表するにはいい時間だと思います。 私も今回はじめて発表しました。 タイトルは“WebSocketがつなぐ未来のお話”です。 WebSocketがつなぐ未来のお話 http://nantokaworks.com/demo/slide/20101211/ 内容については、多分発表した本人よりも参加した人がうまくまとめてくださるので今回は触れません^^; msngさんからのオープリングでの一言。発表を前に救われましたw

  • kamiyam
    kamiyam
javascript

Feedback: JGP 読書会1回目

8/21 JavaScript : The Good Parts の読書会に参加しました。 読書会は初めての参加です。 読書会とは特定の本を各自持ち寄り内容を読み進めていき、わからないところや、おもしろいところを共有しようというもの。 主催はTwitter@nine0527さん。 今回はJavascript本の良書 The Good Parts の1章~3章でした。 やはり、読み進めていくうちにその場ではわからないことも多々有り。 所々については宿題ということになったわけです。 全体の議事録はnine0527さんにお任せするとして・・・ 私は気になったところをピックアップ。 序盤ということもあって3章に疑問が集中しました。 3.1 オブジェクトリテラル ・プロパティ(連想配列)に関数を格納できる! Javascriptにおけるオブジェクトはキーによって整理された変更可能なデータの集合体。 関数や正規表現もオブジェクトであるとのこと。 つまり、こんな書き方が可能。 var inoki = { one : "イチ", two : "ニー&

  • kamiyam
    kamiyam