10/17(土) WordCamp Kyoto 2009 コミュニティDayに参加しました。[参加ID:kamiyam]

きっかけはTwitterのTL上で『開催されるよ。』っていうのを見かけたからなのです。 最近では情報の入手経路がRSSに並び、Twitterでのつぶやきからというのも少なくありませんね。

さて、全体のレポートは多分いろんな方がUpされていると思うので割愛します。いつものことですが・・・ 個人的に気になった点を記事後半に。。

メディアスポンサーの技術評論社の方が詳しくレポートされています。 WordCamp Kyoto 2009 最速レポート
当日名刺交換させて頂きました。ありがとうございます。

ちなみに[改訂第3版] SQLポケットリファレンスは使っていて重宝しています。

他の人のレポートは『スポンサー・スタッフ・参加者によるレポート』で見られます


以下、WordPress関係で気になったTipsです。

■ Apacheの最適化 KeepAlive On WordPressを高速に表示させるテクニックということで、いろんな手法が紹介されていました。

私は仕事の案件で社内サーバにイントラ用Webアプリなんかを設置することが多く(つまりIISが多い)、Apacheを使うことがあまりないのですが個人的に気になりました。

パフォーマンスが向上させる方法の一つとしてKeepAliveを Onするとのこと。 デフォルトではOnだがOffになっているサイトもある。

■ WordPressページ投稿 通常ブログでは投稿すると時刻系でコンテンツが生成されますが、ページは固定コンテンツとして作成されます。 たとえば会社概要とか問い合わせページ何かですね。

実はWordPressを使っているにもかかわらず、当日のセッションのやり取りでこの機能があることに気がつきました。 これはほんと使いこなしていない自分が悪いんですが>< いままでXoops→WordPressプラグインを使ってました。

■ Windows上でWordPress WordPressを構築するアプリケーションサーバとしてApacheが大半を占めると思います。
その他Xamppを使っての構築なんかもありますね。

個人的に当日配布されたMicorosoftの資料が気になりました。 内容としてはWindows(IIS)上でPHPを使おうといった内容です。

私も家ではApache、会社ではIISでPHP開発環境を構築したりしています。 ただ、IIS7.0であればPHPをデフォルトで使えるのですが、それ以前はちょっと構築に一手間がかかります。 [過去記事]PHP on IISについてまとめ

で、資料にはこんな項目がありました。

○ 簡単開発環境構築ツール http://www.microsoft.com/web/downloads/platform.aspx

インストーラーを使った開発環境構築ツールのようで、 ・IIS ・PHP ・WordPress を一気にインストールすることができるようです。

詳しく試していませんが、今度記事を書いてみたいと思います。 (2009/10/21追記) 試してみました。 [記事]WindowsにWordPressを構築する (2009/10/21追記終わり)

■ まとめ 今回はWordPressを使う1ユーザーとして参加しました。

率直な感想として、ほんと楽しかったです。 もちろん勉強になった点もあったのですが、オープンソースの利点である『共有する楽しさ』が非常に伝わってきました。

懇親会に参加できなかったのは残念ですが、非常に良かったです。また次の機会があれば。。。