他言語環境にてPDFをダウンロードする要件があって、ちょっとメモしておく。

PDFに日本語を表示する場合以下の二つの方法がある。
1.文字コードのみを埋め込む
2.文字コードだけではなく、フォントの字形も埋め込む

1の方法を使用する場合。
AdobeReaderの場合、クライアントPCにReaderの日本語パックをインストールしなければならない。

2.の方法を使用する場合。
そのPDFを作成するツールがフォントの字形を埋め込みできるなら、 『埋め込み』か『埋め込みサブセット』を使用して、フォントの字形をも埋め込める。

そのため、他言語で日本語フォントをインストールすることなくファイルを開くことができる。

サブセットとは使用されている文字のフォント情報のみを埋め込むことらしい。 こうすることでファイルサイズが小さくなっているんだろう。 ちなみにAcrobat4以降で埋め込みフォントの字形をフォローできるとのこと。